irondeco.jp ロートアイアンワーク

タカシカワタ鉄工芸工房

オーダー作品、創作作品など、鍛鉄制作の最新状況をお伝えしています。
当方で2008年以降に制作した近年の作例集としてもお楽しみいただけますので、
右の欄にあります(スマホは下部)CATEGORIESを頼りにご覧いただけましたら幸いです。

HPも併せてご覧ください。 http://irondeco.jp
太陽に吠えられたくて



太陽が何て吠えるのか。

適した表現はよく分からないけど

今日みたいな久方ぶりの日差しだったりするもんで、

わざわざ遠くめのホームセンターへ

心地よすぎるマイバイクでブルンブルン♪


これは神戸の会社のゲートに掲げるために作ったもので、

通う人たちがこの看板下を通るという。

ありったけの笑顔で迎えられたらさぞ気持ちいいんじゃ?って

そんなふうに入魂したのを思い出すけれど

そんなこれはランラン♪




気象の研究者とヤモリ博士のご夫婦がいらして

住処の格子にとこれを作った当時は今から5年前の震災時だったな、、

ヤモリは日本家守がモチーフだったので、

大丈夫かよ、、日本、、守ってねヤモリちゃん

と願い託しながら作ったことはよく覚えているけれど、、、

太陽はなんだろうなあ、、シャイーンって感じだども。
 



これはこの仕事始めた頃の以前の工房の看板として作ったんだいな。

田島家の敷地でお世話になっていたもんで。

メラメラって感じかね?

あー、たしかに魔法チックなイメージあったしなあ。

まだどういう作風で行こうか定まっていなかった頃で、

あの時に戻れるなら言ってやりたいな。

お仕事通じて自然に生まれるもんだもんね、と。




と、その看板を見て声掛けくださったのが

ここの歯医者さんご夫婦で。

ちょうど先日、看板の仕立て直しを兼ねて歯のそうじをしてもらった。

おいおい十年ぶりの歯のチェックだよ、、、

虫歯なくてよく磨けているね!な〜んて言ってもらえると

なんだか子供のような感覚が蘇って

すんごい気持ちが躍ったなあ。

そうそう、まるででっかい子供のような笑顔の先生なのよ。

だからこの看板は、その笑顔の象徴として作ったのさ、、、ニンニン♪




これはあれだ、ひまわりだ。

自分の中の溢れんばかりの情熱の具現化として使ったんだいな。

さしづめこれがギラギラだわ。

このギラギラに巻き付くように蔓がうねって上方へ伸びて

そしてはじけて

はじけた葉先に包容のやさしさ出してって。

撮影でフジテレビ持って行ってたり、

すんごいたくさん思い出貰った作品だったな。




これは陽だまり感を出したくってこうしたのを覚えてる。

門扉のてっぺんでユラユラと、ね。

人が感じる温もりって何だろうな?って思って

人の温かさかな、と。

だもんで、魂みたいな形してるでしょ。

そういう想いを乗っけましたとさ。

暖をとりに背中で陽に当たっていると、

なんとも言えない太陽のありがた味を感じて。

そんな偉大な存在に、

ほろほろと今日も感謝をするのです。



 
| deuxtkのブログでロートアイアン | 11:18 |

1/1pages


PROFILE
  
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
facebook
Instagram
Instagram
Art Festival
sale
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
  qrcode